seo対策 画像処理

【写真圧縮】Compress JPEG&PNG imagesとEWWW Image Optimizerを比較すると驚きの結果に。【WordPressのプラグイン】

写真やイラストをブログやサイトに使用することは多いと思います。
1記事で10枚以上の画像を入れることも珍しくありません。

そんな時に必須となるのが画像のリサイズ、サイズの圧縮。これら画像データの圧縮がサイト表示速度のアップに繋がります。
つまり画像のデータ圧縮は、SEOでも重要な要素となります。

今回はWordPressで最も効率よく写真を圧縮出来るプラグインを探しました。
候補となったのは【EWWW Image Optimizer】と【Compress JPEG & PNG images】!

どちらが優れているのかを検証。予想に反して驚きの結果が出ました。

使い方によってベストなプラグインが変わる

検証した結果、どちらが優れているかは一概には言えず、使い方によって優れているプラグインが変わることがわかりました。

簡単に言うと、サイズの大きな画像をリサイズした場合には【EWWW Image Optimizer】が優れていて、小さめの画像をリサイズなしで圧縮した場合、【Compress JPEG & PNG images】の方が優れていました。

次項より検証の詳細と、どのようにプラグインを使うのがベストかを考えていきます。

プラグインをそれぞれ検証

800ピクセルの画像を基準とする

前提条件として、ブログ記事で使う画像をいかにデータ節減出来るかを基準にします。

ヘッダーなどの重要な画像はそれぞれ画像編集ソフトを使うなり、何なりで最適な画質で最適なデータサイズに出来るから、です。

ブログ用の画像なので800ピクセルのJPEGファイルを基準にしました。

上記が800ピクセルの画像です。
スマホでもパソコンでも見やすいので私はこのサイズを基本にしています。

プラグインのそれぞれの使い方はここでは割愛しますが、基本的にはプラグインをインストール→有効にして、リサイズするサイズだけ指定すれば使えます。

もともとサイズが800ピクセルの画像

【EWWW Image Optimizer】サイズ圧縮度 293kb→245kb

画像圧縮

【Compress JPEG & PNG images】サイズ圧縮度 295kb→55kb

サイズ圧縮

これは【Compress JPEG & PNG images】の圧勝でした。

画質の比較です。
【EWWW Image Optimizer】245kb

【Compress JPEG & PNG images】55kb

【EWWW Image Optimizer】の方が画質自体は良いように思います。
しかし、ブログの画像としては【Compress JPEG & PNG images】の画質でも十分です。

画像サイズを小さくする「リサイズ」が無い場合には【Compress JPEG & PNG images】一択でしょう。

リサイズしない画像は以外と多い

ブログ運営をしていると分かりますが、リサイズせずに画像を使うケースは多々あります。
(もちろん運営しているブログの種類にもよります。)

私はブログの画像素材を選ぶ時もダウンロードが使用条件になっていなければ、ダウンロードせずにそのままネット上の画像をアプリで切り取って使います。
ダウンロードする手間を省くため、です。

この場合、サイズは800ピクセルかそれ以下になっていることが多いので、リサイズ無しです。
【EWWW Image Optimizer】はリサイズしない場合には画像の容量を2割程度しか圧縮しないので、私の用途では使えないと判断します。

サイズが4000ピクセル以上のもの

【EWWW Image Optimizer】4.8MB→87kb

画像圧縮

 

【Compress JPEG & PNG images】4.8MB→134kb

画像圧縮

こちらの場合、【EWWW Image Optimizer】の方が優れていました。

【Compress JPEG & PNG images】は、記事内では800ピクセルまでリサイズされるのですが、アップロードした段階ではなぜか2560ピクセルにリサイズされるため、記事内の画像をダウンロードしてサイズを確認しました。

それでは、画質も比較しましょう。
【EWWW Image Optimizer】87kb

【Compress JPEG & PNG images】134kb

画質的にはどちらも問題無いように思います。
(私には違いがよく分かりません。)

ここまでのまとめ

【EWWW Image Optimizer】はリサイズを伴う画像圧縮に適していますが、そのままのサイズの画像圧縮は全然ダメ!
【Compress JPEG & PNG images】の方がバランスは優れている。

EWWW Image Optimizerをアップグレード

【EWWW Image Optimizer】はプロ版があり、フリー版はサイズの圧縮に制限がかけられているようです。

画像圧縮プラグイン

20%しか力を出していない模様。
フリー版でももう少し頑張ってくれ。

PRO版を無料で試せるアップグレード版を試してみました。
上記画像の右下、【無料のトライアルキーを取得します。】をクリック。

質問

すると上記、画面になります。

Emailにメールアドレスを入れて、Anti-spamの欄は英語の質問に答えればOKです。
質問は簡単なので、そうとう英語が苦手で無ければ問題ないと思います。
私の時の質問は【what is 5 plus seven?】→【5+7はいくつ?】だったので答えは【12】です。

正解を記入して、SUBMITをクリックすれば、メールアドレスにAPI Keyが記載されたメールが届きます。

以下メール。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このAPI Keyを先程のoptimization API Keyにコピペして設定を保存。

API

するとアップグレードが完了し、圧縮力が20%から85%までアップしました。

アップグレード版

これは300枚限定のお試し版のようなので、使い続けるにはクレジットカードを登録して有料版を使わないといけません。

【Compress JPEG & PNG images】が毎月500枚まで無料なのを考えると、そうとう良好な結果がでない限りは【EWWW Image Optimizer】を使う気にはなれません。

結果は以下となりました。

もともとサイズが800ピクセルのもの

【EWWW Image Optimizerアップグレード版】295kb→74kb

参考値【Compress JPEG & PNG images】サイズ圧縮度 295kb→55kb

残念なことにアップグレードしても【Compress JPEG & PNG images】に少し負けてますね。
しかし、通常版と比べると、かなり圧縮してくれており十分使えるレベルになりました。

画質の比較

【EWWW Image Optimizer】アップグレード版 74KB

【EWWW Image Optimizer】通常版 245kb

【Compress JPEG & PNG images】55kb

やはり画質に関しては、ほとんど圧縮していない【EWWW Image Optimizer】通常版が良いように思いますが、他2つは大きな違いは無いように見えます。

サイズが4000ピクセル以上のもの

【EWWW Image Optimizer】アップグレード版4.8MB→74kb

参考値【Compress JPEG & PNG images】4MB→134kb

画質の比較

【EWWW Image Optimizer】アップグレード版74KB

【EWWW Image Optimizer】通常版87kb

【Compress JPEG & PNG images】134kb

画質はどれもそこまで変わらないと思います。【EWWW Image Optimizer】通常版でも優れていましたが、さらに圧縮出来ました。
いずれにしても、ブログで観る分には全く問題ないレベルです。

プレミアムプラスを検証

アップグレード版では画像の圧縮レベルを選べるようです。

先程はピクセルパーフェクトプラスで圧縮しました。
今回は一番下にあるプレミアムプラスを選んでみます。

【プレミアムプラスプラス】800ピクセルの画像 295kb→58kb

ほとんど、【Compress JPEG & PNG images】と遜色が無くなりました。
画質も【Compress JPEG & PNG images】とほとんど変わらないです。

【プレミアムプラスプラス】4560ピクセルの画像 4.8MB→76kb

プレミアムプラスになったらパーフェクトプラスより2kb容量が多くなってしまいました。
謎ではありますが、いずれも最高レベルの圧縮なので問題は無いです。

画質もパーフェクトプラスとほぼ変わりません。

【EWWW Image Optimizer】は無料版よりもアップグレード版がかなり優れていることが分かりました。

【EWWW Image Optimizer】の有料版

アップグレード版は写真1枚に付き、0.002ドルです。
これは正直安いと思います。

【Compress JPEG & PNG images】の料金

【Compress JPEG & PNG images】は月500枚を超えると有料になります。
有料版での画像圧縮にかかる料金は、9,500枚までは画像1枚あたり0.009ドルで、そこからは1枚あたり0.002ドル。

0.009ドルなので1枚あたり約1円です。
運営歴の長いブログになると5000枚とか画像が溜まっていてもおかしくないです。
おおよそ、5000円かかる訳ですので躊躇しますね。

圧縮に関しては【EWWW Image Optimizer】のアップグレード版の方が優れていましたので、【Compress JPEG & PNG images】は月500枚を限度に使うのがおすすめです。

【EWWW Image Optimizer】のおすすめの使い方

【EWWW Image Optimizer】はアップグレード版が300枚までは無料で使えますが、それ以降は1枚毎に0.002ドルかかります。

月300枚では無いので、1枚につき0.002ドルかかると考えておくべきです。
5000枚でも1000円ちょっとなので、このくらいならば利用価値も高いのではないでしょうか。

【Compress JPEG & PNG images】を500枚まで無料で使って、それを超える場合には【EWWW Image Optimizer】のアップグレード版を使うのが最良かな、と思います。

【EWWW Image Optimizer】プロ版はアップグレード版とは違い、月額制で圧縮した画像を会社側のサーバーで保管するようです。
正直、写真圧縮に毎月お金をかけたくないことと、トラブルがあったら面倒なのでプロ版は選択肢には入りませんでした。

圧縮プラグインをどう使うかの結論

スマホ撮影の写真orサイズの大きな素材画像を圧縮する場合には【EWWW Image Optimizer】一択。
大きな画像のリサイズに関してはフリー版でも十分な性能なのでアップグレードは必要無し。

反対に小さな画像(800ピクセル程度)をリサイズせずに圧縮する場合には【Compress JPEG & PNG images】を使う方が良い。
この場合の【EWWW Image Optimizer】通常版の圧縮率はかなり低くて使い物にならないレベル。

結論としては【EWWW Image Optimizer】無料版と【Compress JPEG & PNG images】を切り替えながら使い分けるのが最良。
使い分けが面倒ならば【EWWW Image Optimizer】のアップグレード版がベスト。

出来るだけ無料にこだわるなら、圧縮バランスの良い【Compress JPEG & PNG images】一択。
(ただし、月に500枚までなので、これを超えたら【EWWW Image Optimizer】のアップグレード版に切り替える。)

-seo対策, 画像処理

© 2020 ワードプレスのすゝめ