アドセンス

【2020年版】Google アドセンスの申請→審査までの流れを初心者向けに丁寧解説!

アフィリエイトをする上で欠かせない広告はGoogleアドセンスでしょう。
サイト内の広告がクリックされれば報酬になる、という非常にシンプルなアフィリエイト方法です。

アドセンス以外にもクリック保証型のアフィリエイト会社はありますが、報酬単価を考慮するとまずはアドセンスの設置を目指すべきです。

いつの間にか私のアドセンスアカウントが無効になっていたため、新規で申請し直してみました。

申請するサイト

今回、申請したのは副業系サイト【副業のすゝめ】です。

このサイトで申請した理由は以下になります。

  • サイト記事は30記事程度で量としては十分
  • アクセスが若干ある(1日100PV以下くらい)
  • テンプレート(affinger5 Wing)を入れただけで、ほぼデフォルトのまま
  • プライバシーポリシー、運営者情報、お問い合わせの3点は導入済み

正直、現状のまま通るとは思っていないのですが、審査に落ちる→受かるの過程も見たいと思いとりあえずの申請。

 

Googleアドセンスの申請方法

まずはGoogleアドセンスの申し込みページにアクセスしましょう。

Googleアドセンスを始める

アドセンスのスタートページ→【ご利用開始】をクリック

アナリティクスの開始

 

申し込みページの記入

サイトのURLとメールアドレスを記入。
アドセンスの有益な情報を受け取るか聞かれるので受け取るのままにして【保存して次へ】。

情報を受け取らない、を選択しても良いと思いますが、審査前なのでヤル気をアピールしました。

 

Googleアカウントの作成

Googleアカウントは複数持っていましたが、せっかくなので新しくアドセンス申請用に作成。

名前やパスワードを入れて【次へ】をクリック。
すでに持っているアカウントで申請する場合には代わりにログインでGoogleアカウントにログイン。

 

メールアドレスの確認

コードの確認

メールアドレスにGoogleからメールが来ているのでメールを開いてコードを確認。

Googleのコード確認

 

コードの入力

先程のブラウザにコードを入力して【確認】

Googleアドセンスの審査

個人情報の入力

電話番号はここでは無記入でもOK。生年月日、性別を記入して【次へ】

性別に男性と女性以外の選択肢があるところは海外企業という感じがします。

アドセンスの審査

 

プライバシーポリシーと利用規約

長い利用規約をさっと読んで【同意する】をクリック

利用規約

Googleアドセンスお申し込みページ

サイトURLはすでに記入されているので、【国、地域】を選択。
日本は一番下の方にあるので下までスクロールすれば見つかります。

アドセンスの申し込みページ

 

利用規約の確認

それから利用規約を確認して、同意しますにチェックを入れて、【アカウントを作成】をクリック

アカウント作成のページ

 

アドセンスのアカウントが作成されて、チュートリアルの画面が出るので【次へ進む】をクリック

チュートリアル

 

支払い先住所の入力

アカウントの種類

アカウントは個人とビジネスがあるので法人や組織の場合は【ビジネス】、個人の場合は【個人】を選択。

後から設定変更は出来ないので注意しましょう。

個人かビジネスか選択

氏名はすでに記入してあるので、住所を記入して【送信】をクリック。
電話番号はここでは無記入でOK。

住所記入

 

電話番号で本人確認

電話番号での確認があるので電話番号を記入します。
国際番号なので+81を付けて頭の0を抜きます。(81は日本在住の場合。国によって国際番号は違います。)

携帯番号 090-5555-####の場合 +81905555####
固定電話 03-5555-####の場合 +8135555####

電話番号を記入(アドセンスの審査)

SMSを選んで【確認コードを取得】
固定電話の場合には通話を選択して下さい。

確認コードの入力

携帯にショートメールで確認コードが届くので、それを記入して【送信】

これで本人確認まで終わりました。
あと少しで完了です。

 

サイトをアドセンスにリンク

アドセンスのコードをサイトに貼り付けます。
これが少し面倒な作業です。

①サイトをアドセンスにリンクのページ

手順としては赤枠部分のAdSenseコードをサイトの<head>タグと</head>タグの間に貼り付ければ良いのですが、ワードプレスだと分かりにくいですよね。

そこで、Googleはワードプレスの場合には【Site kit】というGoogleのプラグインを使うことを強く推奨しているようです。

site kitのすすめ

Google側がSite Kitを使うことを推奨しているのですから、審査においても不利になることは無いでしょう。

Site Kitはワードプレスでの作業になるので別ページで作業します。アドセンスの紐付け後に戻ってきますので、アドセンスコードの紐付けチェックのページは閉じずにそのままにしておいて下さい。

Site kitとは

ワードプレス内でGoogleアドセンス、アナリティクス、サーチコンソールに直接アクセスができるようになるプラグインです。

正直、かなり便利だと思います。
まっとうにサイト運営しているならば導入しても全く問題ないでしょう。

ゴリゴリのブラック手法の場合は止めておいた方が良いかもしれません。

site kitをワードプレスに導入

今回、アドセンス申請しているサイトのワードプレスにログイン。

プラグイン→新規追加

site kitのインストール

 

【site kit by Google】で検索して、【今すぐインストール】

site kit by googleのインストール

 

Site kitのセットアップ

Site kitがワードプレスにインストールされて、下記のページに移りますので、【START SETUP】をクリック。

site kitのセットアップ

 

Site kitのセットアップ画面になります。Googleアカウントへのログインを求められるので、【Googleでログイン】をクリック。

site kitの説明

 

Googleアカウントにログインします。選択するのはアドセンス申請をしているGoogleアカウントです。

site kitへの権限付与という画面になるので【許可】を選択。

次も【許可】を選択。

site kitの説明

選択内容の確認

チェックボックスは全てチェックして【許可】をクリック。Site KitはGoogleのプラグインですので、何も疑わず全てを委ねましょう。

site kitの登録確認

サイトの所有権の確認

Site Kitでサイトの所有権確認が行われます。基本的にはGoogle Analyticsで所有権の確認は終わっているはずなので【続行】をクリックすれば大丈夫です。

site kitでサイトの所有権確認

 

データアクセス権の許可

これも許可しないと始まらないので【許可】をクリック。

site kitのアクセス権許可

 

Search Consoleの設定

【サイトを追加】をクリック。

site kitでコンソールサーチ追加

これでSite Kitの設定完了です。ワードプレスのダッシュボードに移行します。

site kitの設定完了

アドセンスをワードプレスと紐付ける

Site kitのアドセンスの【Connect Service】をクリック

site kitでアドセンスを紐付け

アカウントの選択

アドセンスの申請に使ったメールアドレスを選択。

Site kitへの権限付与

【許可】をクリック

内容の確認

内容を確認して【許可】をクリック。

アドセンスの紐付け完了

これでようやく申請サイトとアドセンスの紐付けが完了しました。

サイトをアドセンスにリンクのページへ戻る

Site Kitを使ってアドセンスと紐付けたので、①のページに戻ります。【サイトにコードを貼り付けました】にチェックを入れて【完了】をクリック。

サイトをアドセンスへリンク

アドセンスコードのチェック

Googleがアドセンスコードがサイトにあるかチェックします。無事チェックが終わると以下が表示されます。

審査までの申し込み完了

お疲れ様でした。以上でアドセンスの申し込みは完了です。

審査に受かるまで

審査不合格の通知

1日でGoogleアドセンスからメールが来ました。

結果は・・・

アドセンスからのメール

無事、不合格!!!(全然無事じゃない。)

不認証の理由をサイトに行って、確認してみると・・・

アドセンスの審査

新型コロナの影響でサイト審査が出来ない、という理由のようです。

ん?審査されてないの?と思いましたが、Googleアドセンスの公式フォーラムでは

「AdSense の利用を開始するには、問題を解決してください」とのメールが届いて、AdSenseにログインした際に「サイトは広告を表示できない状態です」に続いて、コロナウイルスの影響で現時点ではサイト運営者のサイトを審査することはできないとのメッセージが表示される事例が、一昨日から発生しています。

本件につきまして、Googleの社員さんに確認したところ、現在、審査部門の業務はコロナウイルスの影響を受けて通常時と比べると処理能力(審査のキャパシティ)が落ちているとのことです。

基本的には、不承認と同様の状態のため、審査を希望する場合には「審査をリクエスト」をクリックして再申請を行うことができます。ただし、再申請しても同じ返答が返ってくる可能性もあります。

という回答がありました。

さらに、他のフォーラムでは、

AdSenseの審査についての詳細は公開されていないこと、実際のところは不明ですが、現在、Googleの社員の多くは、自宅から業務を行っています。通常の業務形態とは異なるため、プロダクトのサポートなどについても通常とは異なる体制で行っています。以下の記事にも記載されているように、オフィスでサポート業務を行う人員を削減し、自動化を中心にサポートしている体制となっています。

ある一定の基準でシステム側が判断を行って、該当する申請については、コロナウイルスの影響についての通知を送信した(している)可能性があります。

という回答も。

全てを総合して考えると、現在もアドセンスの審査はしていて、単純に審査落ちした。しかも、システムの自動判定の時点で落ちている可能性あり!ということになります。

自動判定での審査落ちとなると、

コンテンツの量が少ない
コンテンツが他サイトと重複
プライバシーポリシーの欠如
著作権の違反
NGワードの使用

この辺りが考えられるかなと思います。

一気に色々と施策してしまうと、何が良かったのか分からなくなるので少しずつやっていこうと思います。

とりあえずは

プライバシーポリシーの設置。
著作権の違反

この2つだけ施策します。

プライバシーポリシーの設置

2020年の現在ではこのプライバシーポリシーの設置は必須だと思います。なのに、うっかり忘れてました。

これはいかんですね。プライバシーポリシーは雛形がたくさんあるので、それを参考にすれば問題ないです。

特に必須となるのはサイトでは「クッキーを使ってるから情報収集されてるよ、それの解除も出来るよ。」ということをGoogleのリンク付きで記載することです。

ということで、Googleへのリンク付きでプライバシーポリシーを設置しました。

著作権の違反

正直、この著作権の違反の可能性も高いかなと思っています。

まず、タイトル名が【副業のすゝめ】だったのですが、本のタイトルにもなってるし同じ名前のサイトタイトルもあるようです。

タイトルは何でもいいや、ということで適当にやってしまったのが良くなかった。

タイトルを【オライズ ブログ】に変更しました。

後はヤフオクやメルカリなどの記事を書いた際に取引などの画像キャプチャを多様しています。これに引用元のURLを明示していません。

ただ、作業がかなり面倒くさいので、次の審査に落ちたら施行し、現状はプライバシーポリシーの設置とブログ名の変更だけで審査に望みます。

Google広告もついでに出稿

そもそも同じブログでGoogle広告の審査は通るのか?ということでアドセンスの審査と同時にGoogle広告に出稿してみました。

Google広告に出稿

Google広告の審査が通らない場合に、なぜ広告が通らないかを詳しく教えてくれるのでは?という期待をしています。

アドセンスと違ってGoogle広告は出稿する側(つまり私)がお客さんです。ですので、しっかり対応してくれるのでは?と思っています。

Google広告の審査は数時間で通過

まあ、うん。予想はしていましたがGoogle広告は審査通っちゃいましたね。

Google広告の審査は通る

こっちはお金払う方ですもんね。まだジャンルによってはペラページでも審査が通る訳ですし、アドセンスとは審査過程が全く違うことは改めて分かりました。

 

 

-アドセンス

© 2020 ワードプレスのすゝめ